気候変動に対応した果樹品種の開発と安定生産技術の確立 (2)気候変動に対応した特産果樹の安定生産技術の開発 1)気候変動に対応したマンゴー安定生産技術の開発 ⑤八重山地域における「キーツ」の栽培技術の開発

気候変動に対応した果樹品種の開発と安定生産技術の確立 (2)気候変動に対応した特産果樹の安定生産技術の開発 1)気候変動に対応したマンゴー安定生産技術の開発 ⑤八重山地域における「キーツ」の栽培技術の開発

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~30
年度2017
概要1.生産現場での技術的問題
「キーツ」は品質がよく、「アーウィン」より晩生の品種であることから、マンゴーの収穫期拡大を担う品種として有望視されている。しかし、「アーウィン」より収穫時期が遅いことから結果母枝の育成期間が短く、着花への影響が懸念される。今後、温暖化の進行によって低温遭遇時間が短くなることにより、さらに着花が不安定となることが想定される。一方、「キーツ」は外観による収穫適期の判断が困難であるため、判断ミスによる収穫時期の遅れや果実品質のバラつきが生じている。
2.開発技術名及び期待される成果
「キーツ」について、気候変動に対応した栽培技術の開発を行うことにより、高品質果実の安定生産が可能となり、普及拡大や産地育成に寄与できる。
研究分担石垣支所
予算区分国庫補助(内閣府)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030252113
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat