網走湖のシジミ漁業被害の解消に向けたカビ臭要因植物プランクトンの発生予測手法の開発

網走湖のシジミ漁業被害の解消に向けたカビ臭要因植物プランクトンの発生予測手法の開発

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構さけます・内水面水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
H29~H31
年度2018
概要網走湖のシジミカビ臭被害を防ぐため、流域からの窒素負荷量、塩分、リン等の湖内環境変化とカビ臭要因植物プランクトンの発生、増殖との関連性を検証し、その発生メカニズムを解明する。シジミの漁期に対してカビ臭発生時期を避けるため、要因プランクトンの発生予測手法を開発する。

研究分担内水面資源部
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030253153
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat