均質で寸法安定性に優れた次世代型国産合板の開発

均質で寸法安定性に優れた次世代型国産合板の開発

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人 北海道立総合研究機構森林研究本部 林産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新R1
年度2018
概要目的:従来よりも薄い単板を用いて積層数を増やすとともに、接着剤にp-MDIを使用することで吸湿性の抑制を図り、寸法安定性に優れた針葉樹合板を開発する。また、単板に多数の細かな傷を付ける手法(テンダーライジング)が寸法安定性に及ぼす影響を検証する。
期待される成果:輸入南洋材合板と遜色ない寸法安定性を有する国産針葉樹合板を実現し、非構造用分野(型枠用、フロア台板用)における国産材シェアの拡大が期待される。
研究分担生産技術グループ
予算区分受託(民間)
業績(1)運動施設床における木質フローリングの表面劣化・損傷の発生実態
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030253269
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat