資源管理基礎調査委託事業(海産魚類)

資源管理基礎調査委託事業(海産魚類)

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H23~R1
年度2018
概要対象魚種の漁獲量、年齢組成、稚魚発生量等を調べた。
陸奥湾湾口部のイカナゴ稚魚発生量は前年同様に極めて低いレベルであった。陸奥湾のマダラは、稚魚発生量が多いほど回帰親魚も多くなる関係が明らかになった。ウスメバルの加入量は、平成26年級が卓越的に多く、27年級が次いで多い状況であった。
研究分担資源管理部
予算区分受託
(民間)
業績(1)青森県におけるウスメバルのCPUEと資源量の動向
(2)陸奥湾における近年のマダラ漁獲動向変動について
(3)マダラ陸奥湾産卵群の分布と回遊
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030253459
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat