混合堆肥複合肥料の試作と肥効の検討

混合堆肥複合肥料の試作と肥効の検討

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~30
年度2018
概要目的:耕種農家の土づくり意欲が低下する中,家畜ふん尿由来堆肥の活用により化成肥料の施用量を削減しコスト低減を図る肥培管理が必要となってきている。これまで,家畜ふん堆肥と肥料は別々に施用されてきたが,堆肥と普通肥料を原料として混合することが肥料取締法で認められ,混合堆肥複合肥料の公定規格が制定されたことで,新しい需要が期待されている。
 そこで,本年は堆肥センター市販堆肥を用いて畜産試験場で製造した混合堆肥複合肥料の水稲栽培での肥料効果を明らかにするとともに,肥料散布時期について検討する。
成果:1)混合堆肥複合肥料の成分分析および肥効に関する検討
 試作した混合堆肥複合肥料の窒素,リン酸,カリについては,おおむね設計時の理論値に近い値となった。
 牛ふんを主原料とした4堆肥センターが製造した堆肥は,年間を通じて搬入される原料及び量に大きな変動はなく,肥料成分となる窒素,リン酸,カリの変動係数がおおむね10~20%であり,比較的に安定していた。
2)混合堆肥複合肥料の水稲栽培試験
 今回製造された牛ふん堆肥をベースとした混合堆肥複合肥料は,窒素が多くリン酸およびカリが低いL型のペレットA(N:P:K=10:2:2)より,窒素・リン酸・カリが等量に近いペレットB(N:P:K=6:6:6)の肥効が高かったが,化成区には及ばなかった。
 散布時期として散布2週間前より散布1週間前で収量等が高くなったが,ペレットB製造原料を混合した混合区に比べて,ペレットB区の収量が少なくなるなど,今回製造された混合堆肥複合肥料では,ペレット化による窒素の無機化の影響も考えられた。
研究分担土壌肥料部・畜試・農園研
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030253763
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat