各地域に適したリンゴ早期成園化技術の開発と経営体における実証

各地域に適したリンゴ早期成園化技術の開発と経営体における実証

県名秋田県
研究機関名秋田県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~R1
年度2018
概要目的:リンゴ産地各県で検討された早期成園化技術の現地実証を行い、導入メリットや経済効果を明確化する。
成果:積雪地帯である秋田県南部において、大雪でも雪中深く埋まる枝の割合を少なくできる「開心形」を半わい性台及びわい性台を用いて早期に構成する方法を検討した。現地事例の調査及び場内試験において、主幹形から変則主幹形へ移行する時の樹体構成要素と早期開心形の構築技術について検討した。
研究分担生産技術部
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030253908
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat