第Ⅲ期地域特産型水稲品種の育成

第Ⅲ期地域特産型水稲品種の育成

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター水田農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~R2
年度2018
概要目的:多収で低コスト栽培に対応した飼料用イネ(米・WCS)や加工適性に優れる米粉用米を育成する。また、「美山錦」よりも高温耐性が優る酒米品種、及び「でわのもち」よりも倒伏や穂発芽しにくい糯米品種を育成する。                                                                    成果:「でわのもち」熟期の晩生で穂発芽性等の特性が優れる系統に「山形糯148号」、中生でわら収量が高い稲発酵粗飼料用系統に「山形飼149号」の地方系統番号を付した。
研究分担水田農試水稲部
予算区分県単
業績(1)高アミロース米系統「山形140号」の澱粉構造について
(2)飼料用米「べこあおば」栽培圃場における病害虫発生実態
(3)山形県庄内での飼料用米のV溝直播栽培における窒素施肥法の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030254039
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat