牧草地の永続性向上と牧草中ミネラルバランスの適正化のための堆肥および土壌改良資材施用技術の確立 (1) 堆肥投入ととうもろこし作付けを組み合わせた土壌改良効果の検討 (2) 牧草中カリウム含量抑制に向けた土壌改良資材施用量の検討

牧草地の永続性向上と牧草中ミネラルバランスの適正化のための堆肥および土壌改良資材施用技術の確立 (1) 堆肥投入ととうもろこし作付けを組み合わせた土壌改良効果の検討 (2) 牧草中カリウム含量抑制に向けた土壌改良資材施用量の検討

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター 畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H31~R4
年度2018
概要草地更新時に堆肥投入及び飼料用とうもろこし作付けを行い、土壌改良を図ることにより草地の永続性を向上させるとともに、牛の生産性低下の一因となる牧草中カリウム含量の過剰を防ぐための土壌改良資材の施用技術を確立する。
研究分担草地環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030254082
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat