ゲノム情報を活用した家畜の育種改良技術の確立

ゲノム情報を活用した家畜の育種改良技術の確立

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~R2
年度2018
概要 県産種雄牛・種鶏の産肉性等経済形質や遺伝病等不良形質に関わるゲノム情報を特定し、従来の改良方法と併せて活用することにより、種畜及び種鶏選抜の精度及び期間を短縮する。
研究分担畜産研究所動物工学科、畜産研究所養鶏科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030254240
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat