土壌機能を活用した環境保全型農業技術の開発

土壌機能を活用した環境保全型農業技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~30
年度2018
概要目的:土壌の生物・物理性診断を加味した土壌診断技術を開発する。
成果:ケイ酸質資材の施用によりフェーン現象による水稲への被害は抑制されるが、土壌のケイ酸供給力を高めるためには継続した土づくりが必要である。
研究分担基盤研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030254321
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat