土壌病害抑制機能を有する微生物と植物によるダイズ土壌伝染性病害防除技術の確立

土壌病害抑制機能を有する微生物と植物によるダイズ土壌伝染性病害防除技術の確立

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所作物研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H30~R2
年度2018
概要目的:枝豆・大豆について新潟県の慣行栽培と無培土栽培における微生物資材の黒根腐病発病抑制効果を検討し、これを補完するアブラナ科緑肥作物等の栽培と鋤き込み方法等を明らかにする。
結果:資材による発病軽減効果について、晩生のエダマメでは早生より発病が多く発病抑制効果が確認された。
研究分担作物研栽培科・水田高度利用チーム
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)マメシンクイガ(チョウ目:ハマキガ科)の発生量に及ぼすダイズ連作の影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030254355
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat