海外植物遺伝資源の民間等への提供促進(戦略的プロジェクト研究推進事業)

海外植物遺伝資源の民間等への提供促進(戦略的プロジェクト研究推進事業)

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所園芸研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H30~R4
年度2018
概要目的:東南アジアのナス遺伝資源について、日本国内での利用を促進するため、その特性を評価するとともに種子の増殖を図る。
成果:農研機構保有のナス遺伝資源27系統で目標の50g以上の種子を得られた。多様な品種のナスうどんこ病菌抵抗性評価には幼苗への接種が有効と考えられた。ラオス中部のボリカムサイ県、カムアン県において、ナス遺伝資源の探索収集を行い合計135点のナス属遺伝資源を収集した。
研究分担園研育種栽培科
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)Collaborative Survey of Eggplant Genetic Resources in Lao PDR, 2017
(2)ラオスにおけるナス遺伝資源の共同探索調査,2018年
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030254367
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat