山田錦レベルの優れた適性を有する酒米新品種の育成

山田錦レベルの優れた適性を有する酒米新品種の育成

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継(H28~30)
年度2018
概要【目的】 本県に適する大吟醸用酒米品種を育成する。 
【結果】 石川酒68号は心白発現率は低いが小型で形状は良く、醸造試験供試中である。
研究分担育種栽培研究部・育種G
資源加工研究部・流通加工G
予算区分国庫補助(農水省)
業績(1)酒造好適米新品種「石川酒68号」の原料特性
(2)酒造好適米「石川酒68号」の醸造特性
(3)酒造好適米の蒸米物性評価法について
(4)酒造好適米新品種「石川酒68号」の原料特性並びに酒造特性の解明
(5)酒造好適米新品種「石川酒68号」の原料特性並びに酒造特性の解明
(6)酒米蒸米物性評価法の開発と蒸米物性に影響を与える要因の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030254646
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat