麦類系統適応性検定試験

麦類系統適応性検定試験

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継(H28~ )
年度2018
概要【目的】 大麦および小麦育成系統の北陸地域における適応性を検討する。
【結果】 東北農研センター、中央農研北陸拠点、長野県農業試験場育成の大麦の28系統、東北農研センター、長野県農業試試験場、次世代作物開発研究センター育成の小麦の22系統を供試した。大麦の標準品種はファイバースノウ、小麦の標準品種はナンブコムギを用いた。大麦、小麦ともに有望な系統は無かった。
研究分担育種栽培研究部・育種G
予算区分受託(国)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030254647
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat