エアリーフローラ生産技術の確立研究

エアリーフローラ生産技術の確立研究

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継(H28~30)
年度2018
概要【目的】 「枝切り栽培」は、1株から複数の分枝を収穫する栽培方法であり、草姿が大きくなりやすい八重咲の品種において、導入が検討されている。しかし、70㎝以上の切り花長が得られにくく、また収穫本数が少ないことから、改善が求められている。そこで、栽植密度を変えることによる切り花品質等の向上効果を検討する。
【結果】 「石川f7号」「石川f10号」では栽植密度は50球/㎡~200球/㎡の範囲で切り花品質に影響を与えなかった。「石川f10号」では、いずれの栽植密度でも枝切りが可能であったが、作業性を考慮すると50球/球が最も枝切りに適していると考えられた。
研究分担育種栽培研究部・園芸栽培G
予算区分交付金
業績(1)ヒートポンプの利用によるフリージアの抑制栽培法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030254655
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat