病害虫抵抗性を導入した納豆加工適性に優れる小粒大豆系統の育成

病害虫抵抗性を導入した納豆加工適性に優れる小粒大豆系統の育成

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター生物工学研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~R1
年度2018
概要目的:ダイズシストセンチュウ(SCN)およびダイズモザイクウイルス(SMV)抵抗性を導入した納豆加工適性に優れる小粒大豆系統を育成する。
成果:「ひたち4号」を父親としたF4世代から、SMVおよびSCNの抵抗性遺伝子4座が固定したF4世代で7系統を選抜した。収量性試験予備試験の結果、F6世代で「予18」、「予19」を継続とした。
研究分担普通作育種研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030254770
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat