おいしい小粒納豆を造るための評価システムを活用した納豆用大豆遺伝資源の特性解明

おいしい小粒納豆を造るための評価システムを活用した納豆用大豆遺伝資源の特性解明

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター生物工学研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~30
年度2018
概要目的:評価システムを活用して、在来品種等の納豆加工適性等の特性を明らかにし、品種育成に利用できる遺伝資源(交配母本)を見出す。
成果:「地塚茨城1号」、「花嫁茨城1号」、「KLS805-3」、「極小外国・水戸市」および「極小金砂郷・水戸市」の5品種・系統を交配母本として選定した。また、塩ビ管と砂を用いた乾燥耐性の簡易検定試験結果から、生育初期の乾燥耐性に優れると考えられる「旭60号」を交配母本として選定した。
研究分担普通作育種研究室
予算区分国庫補助(文科省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030254772
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat