温暖地の乾田直播栽培における雑草イネ防除体系の実証

温暖地の乾田直播栽培における雑草イネ防除体系の実証

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~30
年度2018
概要目的:蒸気処理防除機と石灰窒素の組み合わせによる雑草イネ防除体系を構築し,実証する。
結果:蒸気処理により雑草イネ種子を効果的に死滅させるには,土壌表面の90℃以上持続時間5~6秒以上が必要であり,本条件を安定的に満たす蒸気処理防除機の走行速度は0.5km/hであった。
 蒸気処理防除機と石灰窒素処理の組み合わせでは,走行速度0.5km/hの蒸気処理と散布量50㎏/10aの石灰窒素処理で効率的に防除できた。
研究分担作物研究室
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030254850
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat