非侵襲的に摂食時の嚥下機能状態をモニタリングする技術開発に関する試験研究

非侵襲的に摂食時の嚥下機能状態をモニタリングする技術開発に関する試験研究

県名茨城県
研究機関名茨城県産業技術イノベーションセンター
課題種別試験研究課題
研究期間新H30~32
年度2018
概要目的:嚥下音の自動抽出手法の確立や異常嚥下音の詳細評価に関するアルゴリズムを確立し,在宅・施設において実用可能なプロトタイプを試作するための基礎的な研究を行う。
成果:H27~H29に構築した嚥下機能評価アルゴリズムと今回構築した嚥下音の自動抽出手法を組み合わせることで,嚥下音の収集から抽出,評価まで一連の嚥下機能評価ができるフローを構築した。
研究分担技術融合部門
予算区分国庫補助
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030254930
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat