8園芸作物の新品種の育成と選定 (8)いちごの新品種育成(業務・加工用品種の育成)

8園芸作物の新品種の育成と選定 (8)いちごの新品種育成(業務・加工用品種の育成)

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20~
年度2018
概要目的:業務用、加工用に適した品種を育成するため、交配及び選抜を行いニーズへの適合性を検討する。
成果:白いちごの有望系統である栃木白1 号は、夜冷育苗作型、ポット育苗作型ともに生育、収量、果実品質および硬度がとちおとめと同等以上で、収穫期間を通じて果皮色が黄白色であることから、実用性に優れると判断されるため、「栃木iW1号」の品種名を付して品種登録出願することとした(2018年4月品種登録出願公表、出願番号32822)。
研究分担いちご研究所(開発研究室)
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030254981
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat