生産コスト低減のための魚病被害軽減技術の確立

生産コスト低減のための魚病被害軽減技術の確立

県名栃木県
研究機関名栃木県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~R2
年度2018
概要目的:養殖アユの魚病被害軽減を図るため、異型細胞性鰓病や冷水病の被害軽減化技術を開発する。
成果:アユ冷水病の感染試験により、県内で生産されているアユの種苗系統毎の耐病性の評価を行った。
研究分担水産研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255005
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat