地方病性牛白血病(EBL)の感染率低減を目指した清浄化プログラムの確立

地方病性牛白血病(EBL)の感染率低減を目指した清浄化プログラムの確立

県名栃木県
研究機関名栃木県県央家畜保健衛生所
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~R2
年度2018
概要目的:全国的に発生数が増加傾向にある地方病性牛白血病(EBL)について農場で伝播低リスク牛を活用した感染率低減対策を実証し、本病清浄化プログラムを作成する。
成果:2酪農場で低リスク牛を把握し、非感染牛への防壁として活用。1農場では2年間陽転は無く、清浄化目前。もう一つの農場では、農場陽性率が前年並みに維持され、一定の効果を認めた。
研究分担家畜衛生研究部
微生物研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255014
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat