メタン発酵プラントの有効性・実用性の実証と評価  畜産バイオガスプラントの実証と評価及び指針策定

メタン発酵プラントの有効性・実用性の実証と評価  畜産バイオガスプラントの実証と評価及び指針策定

県名栃木県
研究機関名畜産酪農研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20~R1
年度2018
概要目的:メタン発酵技術を核としたバイオガスプラントについての技術的、経済的な観点から有効性・実用性等の評価を行う。
成果:日量1立米程度の肉豚糞尿を40日間プラントの原料として投入し設備への影響や発生ガス量について調査した結果、投入原料全体の水分はやや高くなるものの、発生ガス量や消化液の性状については大きな変化はなかった。
計画:同様の試験を継続して実施する。
研究分担企画情報課畜産環境研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255032
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat