放射能汚染地域におけるシイタケ原木林の利用再開 ・再生技術の開発 12-2.カリウム等施用による原木生産林の再生手法の確立 12-2-1.ポット試験によるカリウム等施用量の適正化

放射能汚染地域におけるシイタケ原木林の利用再開 ・再生技術の開発 12-2.カリウム等施用による原木生産林の再生手法の確立 12-2-1.ポット試験によるカリウム等施用量の適正化

県名栃木県
研究機関名栃木県林業センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~30
年度2018
概要【目的】
樹木へのセシウム吸収抑制のための適正なカリウム等施用量を明らかにするために、ポット試験および実際のシイタケ原木林での試験を実施して樹木に対するカリウム等の施用効果を検証する。
研究分担研究部
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255060
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat