とちぎ材を使用した新たな積層仕様等構造体の研究 (1)正角・平角材等を用いた積層挽板耐力壁に関する研究

とちぎ材を使用した新たな積層仕様等構造体の研究 (1)正角・平角材等を用いた積層挽板耐力壁に関する研究

県名栃木県
研究機関名栃木県林業センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~31
年度2018
概要【目的】
中大規模建築物では、欧米に比較し、木造で建てられる ケースは少ないのが実状であり、材料や構造を工夫した木造建築物の普及はまだこれからという状況にある。木材・建築業界からの強い要望に応えるべく、スギ・ヒノキを主体とする県産材利用拡大に考慮しながら、本県森林資源の中心が中目材に移行している現状をふまえ、これらを活用した実用性の高い新たな壁構造等の検証並びに従来の一般工法や伝統工法の特性の認識を促すための研究を行うものである。
研究分担研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255067
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat