低投入時代に対応した施肥基準及び土壌診断基準の再構築

低投入時代に対応した施肥基準及び土壌診断基準の再構築

県名群馬県
研究機関名群馬県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H30~32
年度2018
概要(目的)
 リン酸は土壌に固定されやすいことなどからリン酸質肥料等が多量に施用され蓄積が進んでいる。また、リン酸質肥料は輸入原料に依存しているため、世界情勢の影響による価格上昇等の懸念がある。そこで、平成30年度からは土壌診断結果に基づくリン酸施用量調整(減肥)の栽培実証試験に重点的に取り組むことで、リン酸成分を中心とした適正施肥推進を図り、施肥コスト削減及び環境と調和した持続的な土壌管理につなげる。
研究分担土壌保全係
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255080
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat