ブルーベリー育成品種の安定生産技術の確立

ブルーベリー育成品種の安定生産技術の確立

県名群馬県
研究機関名群馬県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~33
年度2018
概要(目的)
 ハイブッシュブルーベリーである県育成品種は、土壌適応性が低く、生育不良となる場合がある。これまでにラビットアイブルーベリーを利用した接ぎ木栽培で、自根の生育が劣る圃場においても生育旺盛、早期多収となることを明らかにしたが、未だ接ぎ木栽培は普及していない。接ぎ木栽培が普及しない要因には、苗養成に時間がかかることや、皮が薄く接ぎ木が難しいことが挙げられる。そこで、短期間で簡易に良苗生産のできる接ぎ木苗増殖方法を確立する。
 また、現地の生育不良の原因を整理し、各原因に合った樹勢回復手法を検討する。原因別樹勢回復手法についてマニュアルを作成する。
研究分担中山間地園芸研究センター
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255133
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat