日本の鶏卵市場に対応した長期飼育技術の開発

日本の鶏卵市場に対応した長期飼育技術の開発

県名群馬県
研究機関名群馬県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新R1~5
年度2018
概要近年、採卵鶏の育種改良の進展によりその能力は著しく向上し、高い産卵持続性と高い鶏卵品質を有するようになってきた。このため、一般的な飼育期間(80週齢)よりも長い100週齢まで飼育し、鶏種毎の長期飼育に対する能力および特性を調査・検討した。その結果、長期飼育に向く鶏種や長期飼育における課題等(過大卵の増加、卵殻劣化等)が明らかになった。長期飼育に適した鶏種特性の活用と長期飼育における課題を解決するための飼養管理技術について検討するとともに、鶏種特性についても継続調査する。
研究分担養鶏係
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255179
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat