Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進 [2] 畑作物の高品質・高生産技術の確立 2 露地野菜経営における落花生との輪作体系の確立 (2)露地野菜の輪作における相互関係及び土壌環境に及ぼす影響 1)ネギの連作障害回避に有効な耕種的防除手法の選定

Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進 [2] 畑作物の高品質・高生産技術の確立 2 露地野菜経営における落花生との輪作体系の確立 (2)露地野菜の輪作における相互関係及び土壌環境に及ぼす影響 1)ネギの連作障害回避に有効な耕種的防除手法の選定

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~30
年度2018
概要 湾曲症状を呈した株においてサツマイモネコブセンチュウとフザリウム属菌の複合感染を確認した。ネギには3種のネコブセンチュウ(サツマイモ、アレナリア、キタ)が寄生することを確認した。ネギを休作し、ギニアグラス+カラシナを導入することにより、次作のネギで土壌消毒と同程度の生育及び収量が得られ、被害軽減に有効であることを明らかにした。
研究分担最重点プロジェクト
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255332
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat