Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進 [2] 畑作物の高品質・高生産技術の確立 4 落花生の作付け拡大を支援する新体系機械化技術の構築と実証 (1)落花生の自走式脱莢作業体系の構築と実証

Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進 [2] 畑作物の高品質・高生産技術の確立 4 落花生の作付け拡大を支援する新体系機械化技術の構築と実証 (1)落花生の自走式脱莢作業体系の構築と実証

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~30
年度2018
概要 ラッカセイ堀取り機体系に自走式拾い上げ脱莢機を組み入れることにより、掘取りから脱莢までにかかる作業時間を慣行体系の3分の1に短縮できた。しかし、自走式拾い上げ脱莢機は完成に至らず、今後も開発改良を続ける。
研究分担畑地利用
予算区分
受託
(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255338
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat