Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進 [3] 野菜の高品質・高生産技術の確立 5 水田利用野菜の大規模・省力栽培技術の確立 (7)水田利用野菜の導入上の課題把握を踏まえた開発技術の経営評価と施策提案 2)県南地域における水田利用野菜の開発技術評価と新品目定着条件の解明

Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進 [3] 野菜の高品質・高生産技術の確立 5 水田利用野菜の大規模・省力栽培技術の確立 (7)水田利用野菜の導入上の課題把握を踏まえた開発技術の経営評価と施策提案 2)県南地域における水田利用野菜の開発技術評価と新品目定着条件の解明

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~30
年度2018
概要 県南地域水田におけるレタス及び食用ナバナに関して、関連技術の経営評価の前提として、近年の対象品目の価格動向の整理と現地の一般的経営のモデル化を行った。さらに、評価枠組みとして台風等によるナバナの適期播種の可否を組み込んだ評価枠組みを策定した。具体的評価に向けては、栽培関係データの信頼性向上とともに、ナバナ用移植機や育苗に関する共同化が課題となることが示唆された。
研究分担研究マネジメント
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255361
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat