Ⅱ 消費者ニーズにマッチした所得向上に寄与する新品種の迅速な開発と普及定着 [9] 千葉県を元気にするオリジナル品種の開発・定着促進 1 千葉県の新たな時代を切り開くオリジナル品種の開発 (4)品種育成を促進する新たな育種支援技術の開発 2)イチゴ育成における日持ち性評価法の開発と育成系統への応用

Ⅱ 消費者ニーズにマッチした所得向上に寄与する新品種の迅速な開発と普及定着 [9] 千葉県を元気にするオリジナル品種の開発・定着促進 1 千葉県の新たな時代を切り開くオリジナル品種の開発 (4)品種育成を促進する新たな育種支援技術の開発 2)イチゴ育成における日持ち性評価法の開発と育成系統への応用

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~33
年度2018
概要 育成中のイチゴ新品種について、日持ち性に優れた系統を速やかに選抜するため、貯蔵前後の傷害度および果実物理性、ツヤの測定を行った。その結果、貯蔵後の傷害度を果肉硬度およびツヤの減少量で評価できる可能性を明らかにした。振動試験については、イチゴに適度な損傷を与える加振条件を明らかにした。
研究分担流通加工
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255430
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat