Ⅴ 環境にやさしい農業を推進する研究の強化 [16] 農業生産環境の維持管理技術の確立 1 農業生産環境維持保全のための調査及び対策 (2)ミニトマト長期栽培における栄養成分の吸収分配の適正化技術の開発

Ⅴ 環境にやさしい農業を推進する研究の強化 [16] 農業生産環境の維持管理技術の確立 1 農業生産環境維持保全のための調査及び対策 (2)ミニトマト長期栽培における栄養成分の吸収分配の適正化技術の開発

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~31
年度2018
概要 ミニトマト促成栽培において、着果数を増加させることによって、昨年度と同様に、葉や茎の生育量が減少した。栄養成分濃度では、着果数が多くなることによって、生長点である上位葉の加里及びマンガン、側枝の加里、鉄及びマンガンの濃度が高まり、加里は昨年度と同様の傾向であった。
研究分担土壌環境
予算区分県単

パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255480
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat