Ⅴ 環境にやさしい農業を推進する研究の強化 [16] 農業生産環境の維持管理技術の確立 2 環境に配慮したネギ黒腐菌核病総合対策システムの構築 (3)ネギ黒腐菌核病の防除技術の確立

Ⅴ 環境にやさしい農業を推進する研究の強化 [16] 農業生産環境の維持管理技術の確立 2 環境に配慮したネギ黒腐菌核病総合対策システムの構築 (3)ネギ黒腐菌核病の防除技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~32
年度2018
概要 ネギの最重要病害である黒腐菌核病について、現地調査による被害程度と発病環境の把握を行うとともに、所内圃場試験により薬剤を用いた体系防除試験を行った。現地調査の結果、本病の発生は前作での発病状況に左右され、菌核密度とは関連が薄い可能性が示唆された。また、所内防除試験の結果、本病の防除に有効な防除体系を明らかにした。
要望提起機関:山武農事
研究分担病理昆虫
予算区分県単

パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255488
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat