1 収益力の高い水産業を目指した試験研究の強化 漁業生産効率化のための技術開発 的確迅速な漁海況把握と予測技術の確立 (1)房総周辺海域における海洋環境の把握と特性解明

1 収益力の高い水産業を目指した試験研究の強化 漁業生産効率化のための技術開発 的確迅速な漁海況把握と予測技術の確立 (1)房総周辺海域における海洋環境の把握と特性解明

県名千葉県
研究機関名千葉県水産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19~34
年度2018
概要目的:房総沖の海洋環境を継続的に把握し、データベース化を図るとともに海況及び予測情報を漁業者に迅速に提供する。また、長期に亘る観測データの解析により、予測精度の向上、浮魚類の漁場形成や資源の変動要因検討の基礎資料に資する。
結果:各種モニタリングを継続し、漁海況情報、海洋観測速報、急潮注意報等を発信した。また、定置網に流向・流速を設置し、データ解析した。
研究分担資源研究室
予算区分県単・一部受託(民間)
業績(1)黒潮流路の変動が房総半島東岸の流況に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255551
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat