3 自然の再生能力を最大限活用した資源管理の強化 水産資源管理のための資源の評価 海面における水産資源の動態および資源生態の解明 (3)東京湾主要魚種の資源動態把握

3 自然の再生能力を最大限活用した資源管理の強化 水産資源管理のための資源の評価 海面における水産資源の動態および資源生態の解明 (3)東京湾主要魚種の資源動態把握

県名千葉県
研究機関名千葉県水産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20~34
年度2018
概要目的:東京湾でのマコガレイ及びマアナゴの資源管理を行うための基礎資料を収集するため、漁獲量及び幼稚魚の分布状況を把握し、幼稚魚の出現量と漁獲量との関連について調べる。
結果:各対象種の漁獲実態、幼稚魚の分布状況調査を行い、漁獲量の推移と合わせて資源の動向を解析した。
研究分担資源研究室
予算区分県単・一部協働(民間)
業績(1)近年の千葉県東京湾沿岸における小型底びき網漁業の実態
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255579
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat