4 沿岸重要資源の積極的な造成及び漁場造成技術の開発 良質な放流用種苗の安定的量産技術開発 良質な放流用種苗の効率的で安定的な量産技術の開発 (3)マコガレイ種苗生産における高水温飼育による成長促進技術及び光環境による尾鰭欠損防除技術の開発

4 沿岸重要資源の積極的な造成及び漁場造成技術の開発 良質な放流用種苗の安定的量産技術開発 良質な放流用種苗の効率的で安定的な量産技術の開発 (3)マコガレイ種苗生産における高水温飼育による成長促進技術及び光環境による尾鰭欠損防除技術の開発

県名千葉県
研究機関名千葉県水産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H27~30
年度2018
概要目的:マコガレイ種苗生産において、天然稚魚が出現する4月の放流時に天然稚魚と同サイズに成長させる成長促進技術を開発し、併せてその視覚特性を利用した光環境下での生産による尾鰭欠損魚の出現防除技術を開発する。
結果:高水温飼育による成長促進技術の開発には至らなかったが、緑色LEDにより尾鰭欠損魚の出現率を低減せる効果が得られた。
研究分担種苗生産
研究所
予算区分県単
業績(1)マコガレイ種苗の尾鰭欠損防除に適した光環境の選定
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255586
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat