Ⅲ 病害虫防除試験 1 世界自然遺産登録地に適したアフリカマイマイ管理技術の検討 (3)父島の追加調査地点におけるアフリカマイマイの発生消長および再捕獲率

Ⅲ 病害虫防除試験 1 世界自然遺産登録地に適したアフリカマイマイ管理技術の検討 (3)父島の追加調査地点におけるアフリカマイマイの発生消長および再捕獲率

県名東京都
研究機関名東京都小笠原亜熱帯農業センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H26-30
年度2018
概要目的:全島調査に含まれない地点での生息密度を明らかにするとともに,局所的な増加が認められる地点での本種の発生消長および再捕獲率などを明らかにする。
成果:市街地域内においてアフリカマイマイの高密度地点は点在する。二見港では北袋沢・小曲に比べ再捕獲率が高く,市街地では本種の移動性が低い傾向が認められる。二見港では他2地点に比べ殻高が小さく,生育に比較的好適ではない可能性がある。
研究分担東京都小笠原亜熱帯農業センター
予算区分国庫補助
(国交省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255736
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat