6 多様な担い手に対応するユニバーサル生産技術の開発                                                (1)多様な担い手に対応するユニバーサル生産技術の開発

6 多様な担い手に対応するユニバーサル生産技術の開発                                                (1)多様な担い手に対応するユニバーサル生産技術の開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~32
年度2018
概要 目的(1)ユニバーサル型農業機械や省力的栽培体系の導入による高齢・女性農業者を支援する。(2)中小規模経営体における低コスト・軽労化農業機械の導入による省力化を推進する。(3)ロボット等の導入による省力化・簡易化を促進する。                          期待される成果:(1)経営規模が比較的小さい経営体でも導入可能な低コスト・省力的作業体系を確立する。(2)大規模経営体における効率的作業体系を確立する。(3)高齢者や女性でも使いやすい農業機械の改良及び利用技術を確立する。(4)長時間労働が不要な省力的栽培体系を確立する。
研究分担生産技術部三浦半島地区事務所、足柄地区事務所、北相地区事務所
予算区分県単,
業績(1)樹園地下草管理における芝刈り用自動草刈り機(オートモア)の実用性検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255753
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat