定置網漁業における資源の有効活用

定置網漁業における資源の有効活用

県名神奈川県
研究機関名神奈川県水産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~
年度2018
概要本県の定置網漁業においては、休漁期間の設定が資源保護の措置として取り組まれている。また、価格の安い若令魚や商品価値の低い魚種の漁獲を抑えることは、資源の有効利用であるとともに資源保護につながる。そこで、現在行われている休漁期間の設定による資源保護の効果を調べるとともに、資源の有効活用について検討するに必要な知見を得る。
研究分担水産技術センター 相模湾試験場
予算区分受託(民間等)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255799
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat