耕地の地力変動に関する調査 1 県内主要土壌の地力の推移と変化要因の把握 (2)農業活動等に伴う炭素・窒素収支の評価

耕地の地力変動に関する調査 1 県内主要土壌の地力の推移と変化要因の把握 (2)農業活動等に伴う炭素・窒素収支の評価

県名山梨県
研究機関名総合農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間H20~R2
年度2018
概要深さ30cmあたりの土壌中の炭素量および窒素量は、施用している有機物量が多い地点で大きい傾向であった。水稲単作よりも、輪作を行っている水田でやや土壌炭素量が大きい傾向が見られた。
堆肥施用や緑肥の作付け継続している試験区では、有機物施用を行わない区と比較して、土壌炭素・窒素量が増加しており、有機物連用による炭素貯留効果が確認された
研究分担環境保全・鳥獣害対策科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255883
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat