Ⅸ 畜産物の新規需要創出技術の確立 2 ペレニアルライグラス新品種を活用した放牧牛乳生産技術の確立

Ⅸ 畜産物の新規需要創出技術の確立 2 ペレニアルライグラス新品種を活用した放牧牛乳生産技術の確立

県名山梨県
研究機関名山梨県畜産酪農技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間
H23~30
年度2018
概要 搾乳牛の放牧飼養は、牛乳の機能性成分含量を高め、消費者のイメージが良く、購入飼料の削減にも効果があるが、県内では経営面積が狭いため、導入が難しい状況にあった。そこで、当所で育成した越夏性に優れ生産性の高い放牧用ペレニアルライグラスの新品種と、新たに開発を進めている移動式搾乳機を活用した放牧技術を確立する。
研究分担草地環境科
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030255983
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat