混交・複層状態の人工林における間伐指針の検討

混交・複層状態の人工林における間伐指針の検討

県名山梨県
研究機関名山梨県森林総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~R2
年度2018
概要  県内の人工林における林分密度管理は、主に収量比数を判断材料として実施されている。混交・複層状態の人工林の間伐においては収量比数の適用が困難であるため、その対応が求められている。そこで、混交・複層状態の人工林において適用しうる林分密度の混み方の指標を明らかにし、それを用いた間伐指針を検討する。  
研究分担環境科
予算区分県単
業績(1)スギ・ヒノキ人工林の針広混交林化を考える視点
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030256011
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat