減農薬栽培に対応した水稲種子伝染性病害に対する防除技術の開発

減農薬栽培に対応した水稲種子伝染性病害に対する防除技術の開発

県名長野県
研究機関名長野県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H30~R2
年度2018
概要目的:イネばか苗病等を対象に、殺菌剤の種子消毒効果を比較検討し、耐性菌発生リスクを考慮した体系防除技術を開発する。
成果:ばか苗病、もみ枯細菌病、苗いもちに対して温湯処理および催芽時のタフブロック、エコホープDJ、MO-1液剤、エコフィット(食酢剤)の体系処理は、各処理の単用より防除効果が増加する傾向が認められた。
研究分担環境部
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030256047
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat