農業生産と両立できる太陽光発電装置の開発

農業生産と両立できる太陽光発電装置の開発

県名長野県
研究機関名長野県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~30
年度2018
概要目的:ブドウ棚上に設置できるフィルム型太陽光発電装置を開発する。
成果:疑似フィルムの幅によりPARが減少する時間帯が異なることが判明した。
トンネルメッシュに発電フィルムを張った下での果実品質は特に問題がなかった。
イデアルスター社製フィルム型太陽光電池は、設置1か月後に発電量が大きく減少し、持久性に課題を残した。
研究分担栽培部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030256087
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat