移動及び運搬作業を無人化する農業用自律走行ロボットの開発

移動及び運搬作業を無人化する農業用自律走行ロボットの開発

県名静岡県
研究機関名静岡県農林技術研究所果樹研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~31
年度2018
概要目的:当センターで開発した果樹園での作業者追従自動運搬ロボット等について、最適運用となる走行制御技術、樹園地管理技術を開発する。
成果:運搬ロボットの走行試験を行い、走行可能な路面・斜度について検討を行った。15度以上の傾斜ほ場では、走行が困難であった。
また、走行中に起こる振動は、果実に障害を起こす可能性のあるものではないことが明らかになった。
研究分担果樹生産技術科
予算区分県単
業績(1)追従型運搬車による果樹園管理省力化技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030256295
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat