近海域におけるカツオの漁場予測と操業効率化支援 ① 近海域の漁獲情報の蓄積と既存手法による漁場予測 ② 調査船「駿河丸」による現地海域調査および予測図の検証

近海域におけるカツオの漁場予測と操業効率化支援 ① 近海域の漁獲情報の蓄積と既存手法による漁場予測 ② 調査船「駿河丸」による現地海域調査および予測図の検証

県名静岡県
研究機関名静岡県水産技術研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H28-30
年度2018
概要人工衛星の観測情報、漁船の漁獲情報、および調査船調査の結果を用いて、近海カツオの漁場予測手法を開発する。
・近海域竿釣り漁船の漁獲情報を収集・蓄積し、人工衛星の観測情報との相関を解析して、漁場予測を行う。併せて、新たな人工衛星情報の利用を行う。
・調査船「駿河丸」による魚群分布調査により予測図を検証する。
研究分担資源海洋科
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030256379
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat