低コスト造林地のモニタリング

低コスト造林地のモニタリング

県名愛知県
研究機関名愛知県森林・林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~30
年度2018
概要目的:疎植造林地における植栽木の生育状況と植栽方法・施業の効果を調査し、疎植造林の有用性を評価する。
成果:調査地では、樹高成長は植栽密度・下刈有無とは無関係、胸高直径は低密度植栽ほど大・下刈有で大、形質は低密度植栽でも問題ないことを明らかにし、ヒノキ並材生産の低コスト化の可能性を示した。
研究分担技術開発部・森林機能グループ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030256680
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat