超音波を活用した植物病害防除技術の開発

超音波を活用した植物病害防除技術の開発

県名滋賀県
研究機関名滋賀県農業技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~30
年度2018
概要目的:超音波照射による植物の抵抗性誘導を検証し、新たな病害防除技術の開発を行う。
成果:一定時間以上の超音波照射が防除効果の惹起には必要であることが明らかとなった。可動式の超音波照射装置を用いた超音波照射および、発病果率が5%に達した段階での薬剤防除を組み合わせることで、イチゴうどんこ病の防除回数は、無照射と比較して削減が可能であった。
研究分担環境研究部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)Induction of resistance to diseases in plant by aerial ultrasound irradiation
(2)走行型超音波照射装置を用いたイチゴうどんこ病発病抑制効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030256873
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat