1.ブドウ、ナシ新品種の安定栽培技術開発 2)ナシの新品種の安定栽培技術の確立 (1)‘王秋’の高品質果実生産のための栽培管理技術

1.ブドウ、ナシ新品種の安定栽培技術開発 2)ナシの新品種の安定栽培技術の確立 (1)‘王秋’の高品質果実生産のための栽培管理技術

県名滋賀県
研究機関名滋賀県農業技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~H30
年度2018
概要ニホンナシ‘王秋’は本摘果の時期が満開55日後になっても十分に高品質な果実生産が可能である。また、着果番果は3~5番果が利用に適しており、着果させる枝は1~2年生枝より3~5年生枝が望ましい。
研究分担花・果樹研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030256882
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat